記事一覧

今年も山に登りたい、頑張ろう。

ファイル 153-1.jpgファイル 153-2.jpgファイル 153-3.jpgファイル 153-4.jpgファイル 153-5.jpg

これまでに登山した山の記録を見ると、30~43回/年が最近は23~13/年となっており殆どが低い山でトレッキング程度となっている。
元気な時に登る予定で作成した「登山計画」の山は15ヶ所もあるのに。
百名山は無理だが、雨乞山・白髭岳・三草山は何とか登りたいが、今年からは単独登山(昨年までは家内が同伴しての登山)となるが
気候が良くなれば行きたいが、どうなる事か、歳に似合った低山を探して登るしかないか。

今年も城山へ登りました

ファイル 151-1.jpgファイル 151-2.jpgファイル 151-3.jpgファイル 151-4.jpgファイル 151-5.jpg

自宅の近くにある里山(山の名前がないが城跡なので地元では城山とよんでいる)へ平成23年から正月に登っています。
今年は無理と思ったが天気が良いので、途中での引き返しを覚悟で登りました。
年末の寒波で山には積雪があり、ルート確保しながらの登山で1時間15分かかりました。
27年の豪雪時の時でも55分、登り初めの23年頃の無雪期で30分だったので歳(今年83歳)には勝てないが、登頂できたので今年も可能な限り山登り続けたい。


ウブロスーパーコピー
「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトに掲げるスイスの高級腕時計ブランド。スイス時計製造の卓越性を映し出すビッグ・バンやクラシック・フュージョンなどのメンズとレディスのラグジュアリーウォッチコレクション。ウブロ HUBLOTは人気ブランドの腕時計を豊富に取り揃えております。
ウブロ スーパーコピー採用最も高級な材料,本物と見分けがつかないぐらい.ウブロ時計コピーサイズ調整をご提供しております,完璧なスーパーコピー時計品を経営しております。
ウブロスーパーコピー,口コミ最高級ウブロ時計コピー(N級品),ウブロ コピー激安販売専門ショップ、ウブロ時計スーパーコピーを低価でお客様に提供します。ウブロ偽物ブランドと言ってもなんと本物と見分けがつかないぐらい!
弊社ではウブロ スーパーコピー時計、ウブロ 偽物時計取扱い店です.弊社ではメンズとレディースのウブロ スーパーコピー、ウブロ 偽物、ウブロ 時計 コピーなど世界有名なブランドコピー商品激安通販!ウブロ 偽物時計取扱い量日本一を目指す!

スーパーコピー時計専門店「Tokei777.com」
ウブロ ビッグバン コピー:https://www.tokei777.com/bigbang/
ウブロ キングパワー コピー:https://www.tokei777.com/kingpower/
ウブロ クラシック コピー:hhttps://www.tokei777.com/classic/
人気コピーブランドHUBLOT通販!


智頭の牛臥広場へ

ファイル 148-1.jpgファイル 148-2.jpgファイル 148-3.jpgファイル 148-4.jpgファイル 148-5.jpg

今年の5月に牛臥広場へ行く途中で道端に紅葉の木を数多く見たので、紅葉の時期に再度来ることにしていた。
今日は天気が良いので行きました。時期は少し遅かったが素晴らしい景観を見ることができたが、残念なことに登山の準備をしてなかったので1時間ほど登山道を歩いて引き返した。

ブランド時計スーパーコピー2019新作通販
大人気スーパーコピー時計 専門店,2019新作ブランドコピー時計レプリカなどの世界クラスのブランド時計コピー新作は日本国内での送料が無料になります、
最高級ブランド時計スーパーコピーN級品は品質3年保証で。

ロレックス スーパーコピー
ルイヴィトン スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
オメガ スーパーコピー
エルメス スーパーコピー
カルティエ スーパーコピー
オーデマピゲ スーパーコピー
パネライ スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
シュプリーム スーパーコピー
ブルガリ スーパーコピー
シャネル スーパーコピー
サンローラン スーパーコピー
タグホイヤー スーパーコピー
ブライトリング スーパーコピー


ウブロ コピー通販

中津美川渓谷に行くも

ファイル 140-1.jpgファイル 140-2.jpgファイル 140-3.jpg

9時30分頃に中津美川渓谷への入り口付近に車を停めて出発、発電所の取入れ口の辺りで前方に4人の知っている人達と会う。
5人で沢に沿って幅広い道を散策しながら渓谷入口へ1時間10分かけて到着。
渓谷入口の丸太橋を渡って、沢沿いに歩くも散策道が荒れているのか散策道が分からない。引き返し渓谷入り口に12時50分。
上流から渓谷へ下って大滝だけでも見ることにして、林道篭山線の途中にある「中津美川渓谷(不動滝)」の標識」を見て、ここから下って行き大滝を、引き返して別ルートを歩いて小滝を見る。

篠山市にある小金ヶ嶽(725m)へ登りました

ファイル 136-1.jpgファイル 136-2.jpgファイル 136-3.jpgファイル 136-4.jpgファイル 136-5.jpg

頂上まで50分と山の本に載ってたのに釣られて登りました。
初めは緩やかな登りでしたが小ピークを過ぎると岩稜地域で、
「カニのよこばい・カニのたてばい」のような危険な所を登るも
1時間30分で頂上へ。展望は360度と丹波の山々が素晴らしく見られました。

時計のエナメル、なぜこんなに魅力的なのか?

ファイル 130-1.jpgファイル 130-2.jpgファイル 130-3.jpgファイル 130-4.jpg

時計のエナメル、なぜこんなに魅力的なのか?

琺瑯は、おそらく私たちにとって目新しいものではないだろうが、実はもっと正確には「エナメル」とも呼ばれる塗料の名称で、鉱物のケイ素、鉛、硼砂、長石、石英をそれぞれ適切な割合で混ぜ合わせ、様々な色の金属酸化物を焙煎し粉状にして、様々な手法で身体に塗布したものである。 グランド セイコー コピーを適用しています。 エナメルは珪酸塩の物質だが、古代中国では陶器や磁器のタイヤの表面に塗るものを「釉薬」、建築用タイルに塗るものを「釉薬」、金属体に塗るものを「琺瑯」と呼んでいた。 "エナメル "です。


ジャケ・ドローのマイクロペイントエナメル

七宝

エナメル加工は13世紀末頃にアラビアから中国に伝わり、明代の「七宝」など、古代中国では非常に有名な技法である。 エナメルの製造工程では、着色、焼成を繰り返し、作品を完成させるまでに多くの工程があり、また、製造過程で常に表面のふくれなどの不具合が発生する可能性があるためです。


ジャケ・ドローの "グラン・フー "エナメルの数々


ブレゲ・クラシック 5177 ブルー「グラン・フー」エナメル ウォッチ

時計の中でも、グラン・フー・エナメルは比較的高度で繊細な芸術であり、一部のブランドしか習得していない。 それに対して、グラン・フー・エナメルで作られた文字盤の色は、より暖かく繊細で、丁寧に加工されたグラン・フー・エナメルは、芸術品と呼ぶにふさわしいものです。


グラン・フー」エナメルを作るには、金属の土台を磨き、文字盤にエナメルの粉をまぶしますが、この粉は一度に同じ色合いにしか塗ることができないのです。 その後、800℃の窯で焼成し、取り出した後、長い時間をかけて冷やし固め、再び絵付けをすることができるのです。 色が純粋な象牙や黒であれば、焼成はさらに難しく、900〜1200℃もの高温で何度も焼成する必要がある。

このことを理解するためには、例を挙げるのがよいでしょう。 18世紀以来、「グラン・フー」エナメル加工はジャケ・ドローを代表する技術の一つであり、粗い粉と細かい粉を混ぜ合わせる技術や焼成技術に長けた職人が、芸術品と呼ぶにふさわしい時計を作り上げる。 良質なグラン・フー・エナメル・ウォッチは、宝石のような独特の光沢と質感を保ちながら、何年も保存することができます。

純粋なグラン・フー・エナメルの文字盤には、フィリグリー・エナメル、インレイド・エナメル、マイクロペイント・エナメルなど、有名かつ難しいエナメルの技法が数多く採用されています。 文字盤に見えるさまざまな色は、着色と焼成を繰り返すことで生み出されます。色は、明るい色から暗い色へ、暖かい色から冷たい色へ、一度に同じ色合いだけを順番に、巧みに塗られます。 火の光に照らされ、連続焼成されたエナメルプレートは、彩度の高い色彩と精緻なデザインで「生まれ変わる」のである。


ジャケ・ドローのマイクロペイントエナメル


3大エナメルの中で最も難しいこの技法は、15世紀半ばに生まれ、最初は宗教的なテーマの品に使われ、次第に装飾品に使われるようになった。 エナメルは主に銅や磁器でできており、エナメルの表面を焼成した後、名工がセーブルのモノブラシを使って繊細な筆致で何層にもエナメルを塗り重ねていきます。 色が混ざりすぎてデザインが損なわれないように、部分描画のたびに1回ずつ焼成しています。 微細な絵付けの作品には顕微鏡で最低1週間はかかり、その手間暇が微細絵付けのエナメルを難しくしているのです。


パテックフィリップのフィリグリーエナメル「ワールドタイム」ウォッチ

例えば、今年のパテック・フィリップの新作「フィリグリー・エナメル ワールドタイム」は、文字盤の中央にフィリグリー・エナメルがあしらわれているのが特徴です。 フィリグリーエナメルの多くは銀製で、まず職人がベースを引き抜き、そこから直径0.5mmにも満たない金線をさまざまな形に曲げて、すでにエナメルベースで焼いた文字盤に固定する。 金線のパターンをエナメルで埋め、やはりゆっくりと着色し、絶えず焼成する必要があり、異なる質感と色が、目を驚かせるのに十分な効果を持って出てきます。


ユリス・ナルダン 北海油田用ミニッツリピーター」はエナメル加工が施されている


象嵌エナメルは、彫刻とプレスで文字盤に溝を作り、充填して焼成するという点で、フィリグリーエナメルとやや似ている。 複雑な形状のものは複数のモジュールを組み合わせる必要があったり、小さな金具が必要だったりと、模様を作る工程に難しさがあるが、それでもフィリグリーエナメルと比較すると成功率は高い。

文字盤を紙に見立て、小さなスペースに千変万化の華を描く匠の技。

牛臥山登山が

ファイル 125-1.jpgファイル 125-2.jpgファイル 125-3.jpgファイル 125-4.jpgファイル 125-5.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

智頭駅を9時過ぎに牛臥山広場公園を通って牛臥山に登る予定で出発する。
智頭宿を通って牛臥公園入口から車道を登って行くも、道脇にあるウツギ・ヤマボウシ・ノバラ・ジャスミン・エゴ・ツツジ・マムシ草・ウの花などを話題にして、雑談しながらゆっくりと歩いたので牛臥山広場に着いたのは11時35分だ。
牛臥山登山は中止して、広場にある風車小屋で昼食し、近道を下山する予定であったが、荒れていて下山した形跡も見られないので引き返し、下山途中から“こもれびの森コース”を歩いて下山。

梅の花見学は早すぎた

ファイル 121-1.jpgファイル 121-2.jpgファイル 121-3.jpgファイル 121-4.jpgファイル 121-5.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

中国地方最大級 2,000本以上の梅林がある「津山市神代の梅の里公園」の案内を見て、見頃は3月中旬とあったので行った。
3部から5分咲きか、その為か人出は殆どいなかった。
お蔭さんで、ゆっくりと散策しました。
山頂へと続く遊歩道は梅の木で覆われ、その光景はトンネルのようでしたが咲いてないので残念。また、頂上の展望台からの眺めも抜群で、はるか遠くの山並みが一望できた。

涼を求めて横野滝へ

ファイル 117-1.jpgファイル 117-2.jpgファイル 117-3.jpgファイル 117-4.jpg


1

新聞に「涼やか竜神伝える滝」の見出しで津山市と鏡野町の境にある入道山。林の中を流れる横野川にある滝の記事を見て横野滝へ行きました。
道路マップで近道を選んでいくも迷走、カーナビで行くも、❔。
道路標識を見て横野方面へ。
下流から一の滝・二の滝・三の滝とあり、二の滝には遊歩道があり、茶店「もみじ亭」があるも昼時なので行列。
茶店から遊歩道を150㍍ほど行くと「二の滝」で滝つぼには竜神が住むと言われ、竜神宮がある。此処から20分ほど林道を歩くと「三の滝」があり、階段状で滝つぼが三つあるらしい、三の滝のまえの大きな岩に座って軽い昼食をしながら滝見物。
帰りは「奥津甌穴」を見て帰りました。

画像のもみじ亭の 右側は二の滝、下は三の滝

那岐山(1255㍍)に登りました

ファイル 116-1.jpgファイル 116-2.jpgファイル 116-3.jpgファイル 116-4.jpgファイル 116-5.jpg

休日で快晴に恵まれ、数多くの登山者十数組からのグループに追い越されながらも頂上まで行きました。
登山口を過ぎた辺りで追い越された中年男性が、大神山の辺りを登っていると下山して来られ、「大山・小豆島などが見られる」と言われる、早く登りたいが登れない。12時に頂上へ着いた時(登頂に3時間)には、西方向は雲、大山は見られるも頂上付近は雲が、早朝の快晴はどこえやら。
下山時はゆっくり下りるも足が攣ったが、今年も頑張って諸々の山へ登りたいものだ。