記事一覧

今年も採れませんが来年もよろしく

ファイル 46-1.jpgファイル 46-2.jpg

昨年もほとんど“坊主”刈りにしましたのに今年も元気になり沢山の実をつけましたね。
でも、誰も採ってくれません、場所が場所ですから。
今年も枝木は伐りますが来年も頑張ってくださいね。 (2011.07.05 掲載)
さて、“びわ”さん、昨年までは“袋かぶせ”をしておりましたが、今年からは出来ませんがよろしく。枝木の選定はしてあげますから。

www.aimaye.comかつて "ハイソサエティへの登竜門 "とされた時計

ファイル 45-1.jpgファイル 45-2.jpgファイル 45-3.jpg

www.aimaye.comかつて "ハイソサエティへの登竜門 "とされた時計

今日は、みなさんが知っているようで、ブランドコピー代引きあまり知らない時計、フランクミュラーのヨットについてお話したいと思います。

フランク・ミュラーは、ここ数年、一般には「フランク・ミュラー」、あるいは単に「ミュラー」と呼ばれています。 その後、フランクミュラーは正式に中国語名を「法穆兰」に変更しました。 フランク・ミュラーを皆知っているが、おそらく深くは知らないというのは、フランク・ミュラーは中国で非常に流通しており、すべてのプレーヤーが見たことがあるからだ。 しかし、この時計の詳細や仕様については、メディアではほとんど報道されていませんし、ファムランの公式サイトでもほとんど情報がないので、一言言わせてもらおうと思いました。

ファムラン ヴァンガード V45 ヨット

ファムランはどのように始まったのですか?

私が時計の世界に入った10年ほど前、当時はファムランがとても有名でした。 ファムランは、グランドコンプリケーションの時計で有名になりました。 ファムランは当時、グランドコンプリケーションのメガコレクションを発表し、時計のムーブメントは36の機能を含む1483個の部品からなり、当時の時計界で最も複雑な時計の一つであった。 このほか、ファムランはクレイジータイムや特大トゥールビヨンで有名であった。 1920年代に流行したトノー型ケースの復活とともに、ファムランはレギュラーの大型3針モデルを作り、いずれも一目でそれとわかるデザインで、時計界に大きな衝撃を与えたのである。 当時、多くのセレブリティや富裕層がファムランを身につけていたことから、「上流社会のドアノッカー」(当時の社会情勢を指す)というニックネームが付けられました。

ファムラン・メガ・グランド・コンプリケーションは、その外観もムーブメントも、明らかに普通の時計ではありません。

何年か前、中国世界貿易センタービルの3階にファムランのショップがあり、時計の試着に行きましたが、その後閉店し、他のジュエリーショップに取って代わられました。 現在、北京にはファムランショップはありませんが、上海に1店舗あります。 ファムランは中国での流通量が比較的多く、時計の購入に苦労しないのが良いところです。 また、中国で流通しているファムランは、ヨット、ロングアイランド、クロコダイルが一般的なモデルであるように、多くのモデルがあると言えますね。 また、ポストドリルコンバージョンウォッチも数多く存在します。 その中のひとつ、「V45ヨット」は、ファムランの腕時計の中でも非常に美しく、人気の高いモデルです。

ファムラン・メガ・グランデ・コンプリケーションの動き

ロレックスだけでなく、ファムランには「ヨット」もあります。

ロレックスだけでなく、多くの時計ブランドが「ヨット」コレクションを持っていますが、ファムランも「ヨット」、中国では通称「V45ヨット」を持っています。 V45は、実はファムランの「スポーツウォッチ」であるヴァンガードコレクションの一員なのです。 ファムランは、1991年から象徴的な巨大トノー型ケースを採用しています(ファムランにはラウンドウォッチ、スクエアウォッチもあります)。 このトノー型ケースは1920年代に流行し、パテック・フィリップやヴァシュロン・コンスタンタンも同様の時計を持っていた。 一方、ファムランは、トノー型を熱くした最初のモダンウォッチである(もちろん、リシャールミユなどもそれに続く)。

ファムラン ヴァンガード V45 ヨット

パテックフィリップとヴァシュロン・コンスタンタンの歴史的なトノー型時計。

ファムランのトノーシェイプの大きな特徴は、ケースとミラーが巨大なカーブを描いていることです。 スポーツウォッチであるため、リューズガードブリッジがケースサイドに張り出しています。 ケースにはラグがなく、ヘッドとストラップが一体となっています。 ケースはサンドイッチ構造で、ストラップは中央で挟まれています。 ファムランヨット」は、スチールケースで44mm、厚さ12.8mmですが、実際のサイズは時計長が53.7mmと非常に大きく、手の小さな方にも持ちやすく、手の大きな方にも適した時計となっています。 フルポリッシュ仕上げのケースとあわせて、手にしたときによくわかるようになっています。

ファムラン ヴァンガード コレクション V45 ヨット

また、文字盤のデザインに気合を入れているのも、「ファムラン」の特徴です。 巨大な数字が外側に光り、アワーマーカーには夜光が付属し、シャープなだけでなく、サイズも巨大です。 V45ヨットの文字盤は、ヴァンガードコレクションの他の時計と比べると、より複雑な装飾が施されているのが特徴です。 インナーリングと時計の文字盤の中央には、コンパスの装飾が施されています。 外側のコンパスはブルー、中央のコンパスはホワイトで、巨大なホワイトの数字が強いコントラストを生み、クールな印象に仕上がっています。 また、文字盤の外周には地球の南東と北西の緯度・経度の数字が描かれ、文字盤の6時位置にはカレンダー窓が配置されています。 文字盤全体がとてもラグジュアリーです。 水の上にあるものは下にあるものよりも豪華である」という時計の格言(ロレックスのスチールケースのヨットやスチールケースのアクアタイマーなど、ダイビングウォッチよりも豪華なヨットをテーマにした時計の違いを指す)を証明するものである。

ファムランV45ヨット、美しい時計です。

ファムランの時計のムーブメントは、いつもほとんど語られることがありません。 ファムランでは、コンプリケーションやトゥールビヨンなどを除き、主にユニバーサルムーブメントを採用しています。 ファムラン・バンガード」コレクションのグランドトリプレットには、ファムランがリファインしたETA2892ムーブメント、キャリバーFM2800が採用されています。 振動数は毎時28,800振動、パワーは42時間です。 ファムランのレギュラーコレクション(コンプリケーション以外)はもともとデザイン重視で、しかも時計は不透明なのですが、情報によると、ジェネリックムーブメントとはいえ、ファムランもしっかりリファインしているとのことです。 ジュネーブストライプ、パール装飾、ブリッジは面取りされ、見えるネジは自動巻きトゥールビヨンのネジ山を含め、青く焼かれている。 ムーブメントの装飾のレベルはやはり比較的高い(2892を使用しているが)。 また、ファムランは一部の時計にsoprodA10ムーブメント(これもユニバーサルムーブメント)を採用しています。

トノー型ケースを採用した「ファムラン ヴァンガード V45ヨット」は、ケースサイドにリューズのショルダーガードを設け、曲線を描くようにデザインされています。

通常テープ付きの「Famulan V45」は、外装がキャンバス地で、折りたたみ式の留め具を使用しています。

ファムランといえば、「裏ダイヤ」からは逃れられない。 ファムランの時計は、巨大なケースや文字盤、インデックス、ダイヤモンドなど、ダイヤモンドとの相性が良いため、正直なところ、かなり "トレンチ "なのです。 オリジナルのダイヤモンドセッティングモデルは、言うまでもなく30万〜60万円(ダイヤモンドの数によって異なる)であり、高すぎるのである。 だから、スチールケースのモデルを買って、自分でダイヤモンドをセッティングする人が多いんです。 冗談のような話ですが、ファムランは中国で流通している「ポストダイヤモンド」の時計が、ダイヤモンドなしの時計よりも多いのです。 バックダイヤ」の時計には、高品質なものと低品質なものがあります。 一概に悪いとは言えませんが。 南の国の兄が、ケースから文字盤までお金をかけて「裏ダイヤ」のファムランを自作したのですが、仕上がりはとてもいいんですよ。 部活の必需品と言われた、世界一のイケメンですね。 だから、選ぶのはあなた自身です。 ただ、慣れない「裏ダイヤ」の時計に手を出す前に、しっかりテストしておくことを忘れないでほしいですね。

ファムランカーボンヴァンガードと、シャープな夜光を放つロレックスブルーブラックベゼルの組み合わせ。

ファムランは複雑時計としてスタートし、現在でもファムランならではのクレイジータイムやオーバーサイズ・トゥールビヨンなどの複雑機構を搭載しています。 しかし、V45ヨットやロングアイランド、ビッグクロコダイルといったクールなモデルが目を引くため、実はファムランがコンプリケーションも作っているブランドであることを見落としている人も少なくないようです。

ファムラン ヨット オーバーサイズ・トゥールビヨン

ファムラン・スチールハルV45ヨットの価格は79,000円で、ヴァンガードのようにカーボンファイバー製のものはもう少し高い価格設定になっているものもあります。 スチールケースのグラン・トゥールビヨンとしては、主流の腕時計の中では比較的高い価格設定である。 ただし、国内でのファムランの流通量が比較的多いことを考慮すると、値引きや為替、流通市場などを考慮して、実際の価格は(個々の事情により)可能な範囲となります。

金婚式に出席したが

ファイル 44-1.jpgファイル 44-2.jpg

“公民館だより”に金婚(50年)、ダイヤモンド婚(60年)の案内があった、結婚以来の年数を計算してみると今年は50年になる。
5月29日に式典があったので出席するも実感が湧かないままに終わる。
式典内容は、
1.市民歌斉唱
2.副市長あいさつ(市長は記念写真のみ)
3.来賓祝辞
4.祝詞贈呈
5.謝辞 で終了

アトラクションで“謡曲”と‘ふくべ砂神太鼓“、後でグループ別に記念写真を撮るも最終組で1時間待った。帰りに祝賀せんべいをもらって帰る。

那岐山 Bコースを登る

ファイル 43-1.jpgファイル 43-2.jpgファイル 43-3.jpgファイル 43-4.jpg

那岐山登山ルートは何時もCコースを登っているが、今日はBコースを登りCコースを下山した。
9時過ぎに駐車場へ、三台の車が駐車しており鉄人さん、中年男性2名が出発される。
準備しているとMさんが来られる、今日は奈義町の役場の担当者2名と“新登山道の踏査”をするとのこと。
新ルートが出来れば「歩きます“のでよろしくと挨拶してBコースへ。(鉄人さん、Mさんはこのブログで紹介すみ)
Bコースへ入り木橋を渡ると直ぐに坂道を歩く、崩壊箇所を見て、何時だったか下山時にこの辺りで滑落して木に摑まって難を逃れた事を思い出す(その当時は崩壊は無かった)。
何回も休憩しながら歩くも“しんどい”体調が良くないのか、年齢なのか判らないが1人歩きの登山も限界なのかと思いながら引き返す事もなく頂上へ到着。2時間50分かかった (3年前は2時間10分) 、誰も居ない、カップラーメンを無理やりに押し込んでから寝る。
三角点ピークで職場グループのような人に会う、頂上へは行かないのかと尋ねると言って来たとのこと。話の内容から登山目的ではない様だか ?と思いながらCコースを下山するもこれまでと時間的には変わらないのに長く感じ疲れた。
駐車場へ着くと鳥取県の車が2台駐車、ボディに鳥取県自然保護……と書かれていた。三角点ピークで合った人達の車か。

写真上 左:木橋を渡る  右:渡って滝を見る
  下 左:崩壊場所   右:花を見る

仙谷ルート(氷ノ山)を下山しました

ファイル 42-1.jpgファイル 42-2.jpgファイル 42-3.jpgファイル 42-4.jpgファイル 42-5.jpg

氷ノ越コースの往復の予定で登り下山時に仙谷分岐で休憩している時、仙谷ルートを歩くのも最後になると思い仙谷ルートを下りることにした。
数年前に、父娘が下山している時に迷い込んで父が死亡している事をおもいだす、このルートには沢分岐は殆んどなく迷うことはないのだが、その後の豪雨でルートは禁止となったが登山中に、「仙谷ルートは危険です」の標識を見る。
急傾斜の尾根を下り、行き止りで沢へ直滑降に近い傾斜をロープに摑まって下る、途中に進入禁止のロープが張られていた(父娘はここへ入りこんだのでは)。
沢に沿って下って行けば迷うことなく仙谷登山口へ行くのだが下山道は荒れており、案内標識がなければ不安を感じながらの下山となるかも。
岩・ゴロ石の道を歩いたり、何回か沢を徒渉したり荒れたところを下山するも不安箇所には案内標識が設置されている。

那岐山は雪でした

ファイル 41-1.jpgファイル 41-2.jpgファイル 41-3.jpgファイル 41-4.jpg

寒気が入っており寒い、ビニールの雨具を着て尾根コースを登って行くもイワウチワはまばらに咲いているが元気がない、シャクナゲも所々に咲いている、シャクナゲ峰に1本の木にまとまって咲いているのを見る。
尾根コースのイワウチワも昨年に比べて少ないようだ。
避難小屋の手前で霧雨から小雨となり、小屋で合羽にスパッツの雨対策で登って行く。
高度があがって行くに従って道の両サイドは雪となる、下山して来られた中年男性から頂上の温度は2度と言われる。
三角点ピークの近くになると展望が開けるのだが、今日は小雨とガスで何も見えない中を歩いて避難小屋へ、小屋には9名の登山者がおられる、ここで昼食してから頂上へ。
何も見えない、尾根を歩いて東仙コースを下山する途中で長野から一人で来られた中年女性に追い越される。

写真 上段の左 イワカガミ  右 シャクナゲ(西仙コース)
   下段の左 シャクナゲ(東仙コース) 右 尾根縦走中

今年も山菜採りに行ってきました

ファイル 40-1.jpgファイル 40-2.jpg

昨年は4月の下旬に山菜採りに行ったので今年は少し早いが行ってみました。
だのに、“ワラビ”は伸びすぎており、採るのを選択しながら採りました。
“ゼンマイ“は昨年採った辺りはあまりなく、より標高の高い場所にあるも集中的には生育してませんでした。


写真:左は伸びたワラビ

久しぶりの散歩

ファイル 39-1.jpgファイル 39-2.jpgファイル 39-3.jpg

久しぶりに散歩ルートを歩いた。今年になってから何回目かしれないが以前のようには歩く意欲がなくなった。山道に入って、“ゼンマイ”がないか注目しながら歩く、時期的には早いが所々に自生している、道路端なので誰かが採った後がある。
山道を過ぎてシャクナゲが咲いている集落を過ぎ、再び山道へ入って、少し恩恵を受けていた“タラの芽”はどうかと見る、残念、すでに木ごとに切り取られていた。毎年、木ごとの伐採、このためか最近は少なくなった気がする。芽のみ採ればよいのに。

那岐山で大山がよく見えました

ファイル 38-1.jpg

 天気予報では28日は全国的に晴天の予報、山陰では久しぶりの天気なので急遽、那岐山へ行った。
9時前には駐車場へ着くも駐車余地は2台分しかなかった。
何時もののことだが、年のせいで頂上まで苦しい歩きとなる。
以前は30分ぐらい歩くと楽に歩けたのに。
頂上からの展望は北・西方向は視界がよく素晴らしい遠望が、これまで何度も大山は見ているが遠くに霞んでいたのに今日は近くにハッキリと見ることが出来た。肉眼で見ているのに、この違いは何だろう。
今年の一月の初めには何年に一回あるか、ないかの素晴らしい展望の日があり、日本海の水平線が鳥取の東から西の大山方向まで見えた日があったと鉄人さんが言っておられたが、今日は見えなかった。
スーパーコピー

ブランド トートバッグ コピー
バレンシアガ トートバッグ コピー
バレンシアガ財布コピー
グッチ服スーパーコピー
グッチ靴スーパーコピー
グッチスーパーコピー
セリーヌスーパーコピー
ステラマッカートニーバッグスーパーコピー
ルブタン 財布 コピー

sanndaru激安
ヴェトモン コピー
シュプリーム スーパーコピー
ジバンシー 財布コピー
時計 レプリカ
バレンシアガ 財布コピー
バレンシアガ コート スーパーコピー
シャネル コート コピー
モスキーノ スーパーコピー

シュプリーム ヴィトン 財布 偽物
ハリウッド映画 腕時計
ヴェトモン スニーカーコピー
ヴェトモン キャップ コピー
カルティエ 時計コピー
シュプリーム コピー
ブライトリングスーパーコピー
ルイヴィトン歌舞伎コピー
ブルガリ時計コピー
ウブロスーパーコピー
vetements コピー
supreme 激安
vetements スーパーコピー

超スーパーコピー時計
ロレックス スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
ルイヴィトン スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
オメガ スーパーコピー

スーパーコピー時計ブランド専門店
プラダトートバッグスーパーコピー
スーパーコピー靴N級品
ルイヴィトン財布スーパーコピー
ルイヴィトンコピースマホケース