記事一覧

王子ヶ岳へ行きました

ファイル 37-1.jpgファイル 37-2.jpg

王子ヶ岳には何時かは登って「ニコニコ岩」を見ることにしていた、そのチャンスが巡って来た、所属しているハイキングクラブが計画されたので参加した。王子ヶ岳は玉野市と倉敷市の境に位置し、新割山(234m)を中心とした山稜一帯を王子ヶ岳と呼んでいる。
登頂時間はピークまで1時間10分ぐらいだ。360度の展望が見られ、瀬戸大橋をはじめ四国の讃岐富士・瀬戸の島々などが眺められる、残念ながらかすんではっきり見えなかった。
すぐ前には「ニコニコ岩」が。

雪山の那岐山を普通長靴で

ファイル 36-1.jpgファイル 36-2.jpgファイル 36-3.jpgファイル 36-4.jpg

山の駅を過ぎて自衛隊の戦車C道の入口付近で数台の車が駐車して数人の人が登山準備をしている、駐車場への道は道路が凍結しているようだ。
私も此処に駐車してザックを取り上げ出発するもお茶がない、昨年から3回目だ。道の駅までバックして仕入れてから普通の長靴で出発する。
登って行くに従って積雪も多くなる、トレース跡を踏んで行く、大神岩を過ぎると積雪量も格段に多くなり、ゆっくりと、トレース跡を歩くも、時々軟弱個所を踏みこんで片足が股下まで「ズポリ」、抜いて雪はらいと長靴に入り込んだ雪を取りながら登る。
家を出るまでは紐付きの長靴(雪侵入防止)で行く事にしていたのに、また登山靴にアイゼンも準備して居りながら、積雪についての注意がなかったためにこんな状況になり反省しております。

「宮籠」のルーツは

ファイル 35-1.jpgファイル 35-2.jpg

会社勤めをしている頃に「今晩は宮籠りなので早く帰ります」と言うと、周りの人が「誰がわるいのですか」と聞かれた。
そう言えば子供の頃に祖母が「○○さんの宮籠に行く」と言っているのを聞いた事がある。
辞書によると、「祈願などのために神社にこもること」と記述されている。
いつの時代からか知らないが昔は難病の人があると集落単位で神頼みをしていたようですね。
さて、私の集落では趣旨は違いますが「宮籠」の行事を毎年一月八日、五月八日、九月八日に公民館に祭壇を設けて参拝して(今年は宮司を招待)から料理は持寄りで御神酒を頂きながら諸々の雑談をしております。
このような行事は場所によっては「お日待」と言って同様な行事をしていたようですが、殆どの所がなくなっておりますが何故か私の集落のみがいまだに続いております。
村の文書によると
昔は毎月八日の晩に各戸順番に祭壇を作り、御神酒と夜食を出しておったが、支那事変に始まり大東亜戦争となるも、それに相当した物資でまかない毎月続けていたが、昭和33年から上記の三回となり当番は四戸単位で世話をし、費用は四戸の負担とする。
何時の時代からか当番は三戸、御神酒は集落で負担し料理は持寄りでしております。
「しょうごく」と言って正月・五月・九月に実施するも「何故この月」になったのか知りたいです。

頂上で鉄人さん、Mさんと

ファイル 34-1.jpgファイル 34-2.jpg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

那岐山で頂上近くを登っていると後方で人の気配を感じ振り返ると鉄人さんが居られる。道を譲るも、「先に行きなさい」と言われ頂上まで先頭に。
頂上には誰も居ない、登頂時間は2時間10分、鉄人さんは途中で4人組と同伴したので1時間10分との事。
頂上での展望は360度の方向が見られるも春霞みで遠くは“ぼやけて”いるが鳥取方向は鳥取市が篭山の後方にぼんやりと見えた。
鉄人さんは「今年は何年に一回あるか、無いかの素晴らしい日があり、鳥取の東から西の大山まで連続した日本海(水平線か)を見た」と言われる。
 鉄人さんの下山の後、食事しているとMさんが登って来られ、私の長靴を見て「長靴がいいでしょう」と言われる。年末・元旦登山も長靴だ、登山靴よりも軽くて歩き易い感じがする。
あれが「一昨日死亡事故があった明神岳だ」と指さされるも「ぼんやりと見えたり、見えなくなったり」、年末は北方向の山を教えて貰ったので今日は東方向の後山・駒ノ尾・日名倉など見る。私もこの様になりたいものだ。
写真は鉄人さん(掲載了解済)と下山したBコース(山稜)

観音さんは何処え行ったの?

ファイル 33-1.jpgファイル 33-2.jpg

那岐山Cコース登山時、水場を過ぎて大神岩へ登って行く途中の苦しい時期に観音さんに出合います。ここでチョット立ち休憩をして頑張ります。
年末の登山時に“あれー、観音さんがない”、誰かがいたずらして雪中に「埋もれた」と思ってました。
元旦登山時に在ることを期待して登りましたが残念、周辺を探すも見当たりませんでした。
何かの理由で誰かが移動されたのでは、移動の目的が達成されたら返して下さいね、次回の登山時には在ることを期待してます。

左は昨年11月28日
右は今年の元旦

那岐山へ鉄人さんは247回、Mさんは160回、私も頑張らなければ

ファイル 32-1.jpgファイル 32-2.jpg

27日に那岐山へ登りました。
駐車場へ着くと8月30日に慈母峰を案内して貰ったMさんが居られた。案内して頂いたお礼を言って登山靴を履きかけると、長靴を履いて来ているので“長靴で行きなさい”と言われたので長靴で登る、軽くて雪道も歩き易く結果はOKだった。
MさんはBコースからCコースへ下山、私はCコースの往復なので上での再会となる。
歩き始めてまもなく後方での物音で振り返ると鉄人さんが、写真を依頼すると振り返ってポーズをして下さりチョット雑談する、今日は今年247回目の登山で今年中に250回にすると言われながら登って行かれ、私が頂上まで40分かかる時点で下山される鉄人さんと出会う。
頂上まで2時間32分だ、Mさんは見えないと思っている内に登頂して来られる。距離は長くても私より早いと思ったので尋ねると“ラッセルでの登山”と言われる。
頂上で遠望の山々の説明を聞きながら話しているとMさんは「今年160回の登山、鉄人さんは250回となる」と言われた。
私は6回目で終わりだ、来年は頑張らなければ。 ???

画像左は 鉄人さん(本人了解)
  右は Mさんの山レコから(左が私)
     山頂で鳥取方面を眺めて勉強中でしょうか。多分鳥取の2人様のようです。

     

私も頑張らなければ ??

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg

那岐山に行くたびに、お元気な老人に会います。 
今日もCコース往復で出発しB・C分岐を過ぎた所で追い越されました。歩き初めてすぐに息切れがし、ゆっくりと登って行き大神岩を過ぎた所で下山して来られる老人と会いました。
“早いですね、インターネットで拝見しております”、“気をつけて”と挨拶を交わす。
ネットでは鉄人さんと呼んでおられました、これまでも那岐山へ行った時、上半身は裸で歩いておられるこの鉄人さんによく会いました。
低木地帯になってから休憩している時、50代の男性が登って来られ、“裸の人に会ったでしょう“と言われる。
鉄人さんを知っておられるようで、「鉄人さんの名前は○◇さん、年齢は70代の後半。テレビで紹介され、現地取材でカメラマンが追従して行けなかったらしい」、また、上りは1時間、下りは40・50分ぐらいでは」と言われた。
私と同年輩だ。
その後、避難小屋まで同伴して頂き有難うございました。来月は東北へボランティアとのこと頑張って下さい。
私の今日の登頂時間 登り2時間20分  下り1時間35分

画像 左:BC分岐のあたり
   右:大神岩を過ぎたあたり

今年も生って有難う、でもこれ以上は  !!

ファイル 30-1.jpgファイル 30-2.jpgファイル 30-3.jpgファイル 30-4.jpg

秋から冬にかけて畑に植えている柿(西条・富有・御所)、ユズ、カボス、八朔、キーウィ、キンカンなどが実ります。
柿と八朔以外は私が植えたものでキーウィは昭和47年の広島転勤時に熊野へドライブした時に、カボスとユズは平成4年に鳥取へ帰ってから植え、ユズは最近になってから実がなり始めました。
でもこれ以上は取れませんので来年の肥やしとして頑張って、来年もよろしくお願いしますね。

上 画像左は御所 右は西条
下   左はユズ 右はカボス  

「新渡戸記念館長」さん ありがとうございました

ファイル 28-1.jpgファイル 28-2.jpgファイル 28-3.jpgファイル 28-4.jpg

十和田市内を見学していると、新渡戸記念館の標識を見て記念館の方へ行くと大きな鳥居が見える。神社と思って行って見ると新渡戸記念館の入口であった。
時間は5時前だ、入口が開いているので入って見学をお願いすると4時30分までと言われるもOKだ。
「どちらから」と聞かれたので鳥取からと答えると210円なり。
初めは館長さんが出て来られて説明される、時間が過ぎているので早々に館員さんに礼を行って玄関を出ると館長さんが出て来られて2階もあるので見なさいといわれるも玄関を出ているので遠慮する。
ここで“つれ”と館長さんの諸々の話が始まる、館長さんは新渡戸家直系の人。音楽評論家でテレビ出演もあるようだ。近いうちに本を出版されるとのこと。 
コピーブランド時計激安
スーパーコピーブランド時計レプリカ激安代引き
スーパーコピー優良店
スーパーコピー時計代引きN級品通販
楽天ブランドコピー激安
人気ブランドおすすめの腕時計特集
コスパ抜群の人気のブランド腕時計通販
高級腕時計のスーパーコピー通販
人気スーパーコピーブランド
館長さん、時間外に行きながら親切に対応して頂き有難うございました。

篭山へ登りました

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpgファイル 29-3.jpg

篭山(906m)へ登りました。展望がよい尾根歩きで右方向に遠く日本海を見ながら、また左方向に那岐連峰を、前後左右の景色を見ながら、時にはススキ原の中を歩きながら登りました。
下山は途中まで岩神登山道を経由して、道に落下していた栗を拾いながら、またカマキリが自分より大きい「バッタ」のようなものを捕まえた状況や、?リンドウを見ながら楽しく下山しました