鹿野町
 
鹿野町は鳥取県鳥取市鹿野町にある旧城下町。
天正九年(1581)鹿野城主となった亀井茲矩(かめいこれのり)が、城下町として整備した。武家屋敷のあった殿町、商人町の上町、下町、鍛冶町、大工町などの 町割や町を巡る水路など今も残っており、京風の格子構えを備えた町家は、往時の面影をよく留めている。      地図

鹿野城下町コース
鹿野城下町
 
城下町コースの順に散策した。(平成27年6月22日)
 

鳥の劇場(旧鹿野小学校)に駐車
鳥の劇場
 

伊木の堤
江戸初期に築造された堤防。外堀から流れる水を堤にため、干ばつの備えとして利用
 

鷲峰山の眺め
鷲峰山登山紀行

そば道場(手打ちそばが体験できる。食堂あり)
 

牛つなぎ石

牛つなぎ石
江戸時代初期、城主亀井茲矩公の功績で城下町の町並みが整備され商工業が盛んな町としてにぎわいを見せていました。足元にある 穴の空いたこの石は、商取引のためにひいてきた牛をつなぐために使われたといわれ、いまでも数箇所残っています。
この石は、年貢米などの運搬のため 、近クから集まってきた牛をつないでおくために使われていたようです。

幸盛寺にある「山中鹿之助」の墓

画像クリック拡大
 

大いちょう (幸盛寺)
「いちょう」の由来等
尼子十勇士の一人「山中鹿之助幸盛」公の菩提を弔うために建立された幸盛寺の境内にある、建立と同時期に植えられたイチョウは、城下町鹿野の中心部にあり、どの位置からもよく見える。 樹齢:四百年以上 樹高:34m
 

童里夢
地域の歴史や伝統行事を紹介する展示室や特産品販売コーナーや喫茶・休憩コーナーがある

鍛冶町どおり
 
 
 

鹿野城址(外堀)
 
鹿野新聞記事
 
鹿野城趾を見る
亀井茲矩の墓を見る
茂宇気神社を見る
 
バック 山陰海岸ジオパークへ トップ(HOME)