>千代川の土手を歩く
土手の嵩上げ工事も昨年で終了して源太から長谷まで綺麗な舗装となった。
この土手は“いなば自転車道”であるが、この辺りは郡部のせいか殆ど自転車・歩行者を見かけたことはない。
私も数年前から散歩で時たま歩く程度だが、天気がよいので久しぶりに歩く、春には早いのか花も芽吹きの状態だった。回りの景観を見ながら子供の頃を思い出す、夏は河原の日に焼けた(熱い)石を飛び歩きながら川岸へ行き泳いだものだが。
この河原もなく、竹馬も無く(護岸用の木枠の組み合わせ)、よく遊んでいた辺りは竹薮となっていた。
以来、70数年も経過しているので変わるのは当然かもしれないが、河川だけでなく 周りの景観も変わり、鳥取道が、私の集落には2校が合併した小学校が、諸々の構築物と周辺は大変わりだが、自然は昔のままだ。(令和3年4月から1小学校と1中学校 ガ合併して江山学園となった)。

平成27年2〜3月頃に書いたもの、写真は令和3年頃に撮ったもの

バック