武尊山(2,158m)

武尊山(ほたかやま)は群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村の境にある標高2,158mの成層火山。北アルプスの穂高岳と区別するため、上州武尊山とも呼ばれる。日本百名山[1]及び新・花の百名山[2]に選定されている山である。

【登頂日】  平成22年5月28日(金)

登山口 (7:35)→剣ヶ峰・武尊分岐(8:28 8:33)→手小屋沢避難小屋分岐(9:46 9:57)→頂上(12:50 13:16)→剣ヶ峰分岐(14:44) →剣ヶ峰・武尊分岐(17:43) →登山口(18:20) 所要時間(休憩含む) 9時間55分

ツァー登山、中国道から北陸道・関越自動車道水上ICから裏見ノ滝登山口(駐車場)へ翌日の7時頃に到着。
男性6名、女性11名で計17名。 行く途中で雨になる、雨の中を登るのが憂鬱だ、また、昨日から腹具合が良くないので正露丸を飲む。回りが明るくなり途中のパーキングエリアで洗顔と雨対策をして登山口へ向かう 、関越トンネルを出るとパット明るくなる晴れの天気だ。気分が一転して皆が喜び、雨対策を解除する。
しかし登山口の武尊神社へ行くに従って天気も悪くなり雲が低くて視界は悪い。 腹具合は完全ではなく赤玉を飲む。
武尊神社
 
武尊神社
武尊神社に安全登山を祈願して7時35分に出発し武尊林道を30分ほど行くと5〜6台は駐車可能な広場があり、マイカーが2台駐車。マイカーならここまで入ることが出来るようだ。 ここで、メンバーのOさんが体調不良で引き返された。(Oさんは登山歴は古くリーダーもされている方なので驚く、やまに対しての安全意識の徹底に関心する、正露丸を飲んでも行こうとする自分はどうなのか) さらに林道を行くと終点となり武尊山と剣ヶ峰山の分岐標識あり、左の武尊山方向の山道へ入る。道はだんだんと険しくなり、ブナ林帯を登って行くと尾根へ到達。右折し て直ぐに手小屋沢避難小屋への分岐がある。下方の雪上にかまぼこ型のドームが見える。
林道から山道へ入って この辺りから、頂上近くまではほとんど雪上歩きとなり、アイゼンを付けて傾斜がきつい中をひたすら登る。垂直梯子取り付け箇所が3ヶ所あるらしいが使用したのは1箇 所であとは雪の中か、 また、鎖の箇所もあるらしいが雪の中か1ヶ所しか見当たらない。  このような状態で雪上歩きも急傾斜のため、持参ロープを使用、リーダーに引き上げて貰う人も出た。このため、雪の少ない木々の中を枝木につかまりながら薮こきで登る箇所もあり。 頂上近くになると更に岩場があり、ロープや鎖を使用して登る。
林道から山道へ入って
 
雪中を登る 鎖につかまって 垂直梯子で登る
雪中を登る<拡大 画面クリック>
鎖につかまって<拡大 画面クリック>
垂直梯子で登る<拡大 画面クリック>
やがて尾根道となり、細く平坦な道が続く、急坂を登ると頂上に到着するが、到着寸前になって、急に疲れが出て気分が悪くなる。Oさんが途中で引き返えされたので頑張るもだめ、リーダーへ話す。頂上は直ぐなのでゆっくり登るようリーダーから言われ休んでいると、Kさんが上がってこられ一緒に休憩する。(Kさんは早くからバテ気味であった) 頂上では360度の展望が見られるのだが残念、曇っていて何も見えない。尾瀬、谷川岳連峰や八ヶ岳などが見られるのだが。 下りは往路を帰る予定であったが(剣ヶ峰経由は急坂で雨後のため危険と地元の人に聞いていたので)、積雪が少ないために剣ヶ峰経由で下山するもこれも大変だった
バック
私の山・旅紀行へ
日本百名山へ