記事一覧

私も頑張らなければ ??

ファイル 31-1.jpgファイル 31-2.jpg

那岐山に行くたびに、お元気な老人に会います。 
今日もCコース往復で出発しB・C分岐を過ぎた所で追い越されました。歩き初めてすぐに息切れがし、ゆっくりと登って行き大神岩を過ぎた所で下山して来られる老人と会いました。
“早いですね、インターネットで拝見しております”、“気をつけて”と挨拶を交わす。
ネットでは鉄人さんと呼んでおられました、これまでも那岐山へ行った時、上半身は裸で歩いておられるこの鉄人さんによく会いました。
低木地帯になってから休憩している時、50代の男性が登って来られ、“裸の人に会ったでしょう“と言われる。
鉄人さんを知っておられるようで、「鉄人さんの名前は○◇さん、年齢は70代の後半。テレビで紹介され、現地取材でカメラマンが追従して行けなかったらしい」、また、上りは1時間、下りは40・50分ぐらいでは」と言われた。
私と同年輩だ。
その後、避難小屋まで同伴して頂き有難うございました。来月は東北へボランティアとのこと頑張って下さい。
私の今日の登頂時間 登り2時間20分  下り1時間35分

画像 左:BC分岐のあたり
   右:大神岩を過ぎたあたり

篭山へ登りました

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpgファイル 29-3.jpg

篭山(906m)へ登りました。展望がよい尾根歩きで右方向に遠く日本海を見ながら、また左方向に那岐連峰を、前後左右の景色を見ながら、時にはススキ原の中を歩きながら登りました。
下山は途中まで岩神登山道を経由して、道に落下していた栗を拾いながら、またカマキリが自分より大きい「バッタ」のようなものを捕まえた状況や、?リンドウを見ながら楽しく下山しました

偶然にもMさんと慈母峰へ

ファイル 26-1.jpgファイル 26-2.jpg

何年か前に那岐山の頂上で中年男性(Mさんと呼ぶ)と会い雑談したことがある。
那岐山登山ルートのAコースの途中に1,010㍍のピークがある、このピークに「慈母峰」と名づけたのがMさんだ。(2年ぐらい前に ?)
名付け親のMさんと偶然にも駐車場で出会う、「慈母峰登山で来た」と話すと一緒に行こうと言われ案内して頂きました。
また、慈母峰から八巻城址を通って下山する新しいルート(スペシャルAルートとMさんは呼ぶ)の道を案内して頂きました。
Mさん有難うございました、また那岐山での再会を。

画像左: 道なき道(薮こき)を下る
画像右: 慈母峰頂上

《Mさんの「山レコ」記録から》
駐車場で出合った登山者の方は鳥取市内から来られた…予定を訊くと『慈母峰』に登られるという~名付け親としては嬉しく同道しました。
最後の土砂降りは激しさにシャキッとしました。

暑い最中に三ヶ上に登りました

ファイル 25-1.jpgファイル 25-2.jpgファイル 25-3.jpgファイル 25-4.jpg

山県鏡野町の上斎原から登りました。
山頂周辺には石仏があり、見る方向によっては双耳峰に見られ360度の展望が見られる山で今回は5回目の登山。
登山口近くに岡山ナンバーが一台駐車しておる、この暑い最中に私と同様な人も居るものだと思いながら汗ふきしながら展望の効かない低木樹林帯の中を歩く、頂上近くなって展望が開けて目前に見える頂上には山ガールが。?
中年女性と山の雑談しながらお菓子を頂いてから三角点のある峰へ行く。三ヶ上全体を見ることが出来た。

上左画面 展望開けて頂上を見る
上右画面 三角点峰から三ヶ上全貌
下左画面 山上行者坐像
下右画像 不動明王

ブランドスーパーコピー、機能、技術の全体的な特性の点で非常に優れています。

ファイル 24-1.jpgファイル 24-2.jpgファイル 24-3.jpg

ブランドスーパーコピー、機能、技術の全体的な特性の点で非常に優れています。

スイスの高級時計ブランド「パルミジャーニ」は、現在の国内市場ではあまり知られていませんが、一部のベテランにとっては、複雑で高度な職人技を持つ時計ブランドです。 創業は1996年とまだ若いが、存在感のあるブランドだけに、職人技の繊細さが勝因だろう。 昨年、パルミジャーニは、これまでのモデルとは一線を画す、美しいディテールの「トンチン1950」を発表しました。 ここでは、この個性豊かなムーンフェイズウォッチをご紹介します。 (モデル: PFC284-1000200-HA1441)

パルミジャーニ トンダ 1950 ムーンフェイズは、一目でそれとわかるオフセンターレイアウトで常に有名ですが、この新しいモデルは、わずか9.6mmの厚さのケースで、紳士の腕にクラシックさを与えます。

18Kピンクゴールドで作られたケースは、金属ならではの光沢と滑らかな手触りで、上品かつ繊細な仕上がりとなっています。 ケース径は39.1mmで、フォーマルウォッチのサイズカテゴリーをクリアしています。

わずかに角度をつけた4つのラグは、パルミジャーニ・ウォッチの特徴的なデザイン要素の一つである

同じく18Kピンクゴールド製のサイドクラウンの周囲には滑り止めのテクスチャーが施され、上部にはパルミジャーニのロゴが刻まれています。

パルミジャーニ トンダ 1950」の文字盤は、ダークグレーを基調としたシンプルで洗練されたデザインで、男性のスーツにぴったりな、男性的で落ち着いた性格を反映した色調となっています。 ダイヤル中央にはスケルトンのトライアングル針、その下の6時位置には同色のサブダイヤルが配され、針はダイヤル周囲のローズゴールドプレートのアプライド・インデックスに反射しています。

ムーンフェイズ表示ダイヤル

日付表示窓

文字盤左上には、アイコンであるムーンフェイズ表示が、従来の12時位置から10時位置に移動し、3時位置の日付表示とのバランスを考慮したオフセンターレイアウトで配置されています。 ムーンフェイズ表示の目盛りのひとつが太陰月(29.5日)に対応し、ローズゴールドの文字盤には、新月、初月、満月、第2四半期月という月の全サイクルが表示されています。 ムーンフェイズ表示は3年に1度の調整が必要です。

ソフトで快適なブラックレザーストラップが装着されています

PF708ムーブメント

ストラップは裏面が透明になっており、シースルーのケースバックからはムーブメントの美しさを見ることができます。 パルミジャーニ トンダ 1950」の薄さは、搭載されているムーブメントPF708によって実現されており、オフセンターのマイクロローターが地板に直接組み込まれているため、超薄型を実現しているのです。 正確で信頼性の高い自動巻き機構は48時間のパワーリザーブを備え、面取りされたブリッジは手仕上げされており、パルミジャーニの卓越した時計製造技術を証明しています。
https://www.jpan007.com/
結論:極薄で個性的なパルミジャーニ トンダ 1950 ムーンフェイズは、精巧な職人技と時計技術が光る腕にふさわしい希少な一本なので、気になる方は店頭で試着してみてはいかがでしょうか。

那岐山の頂上にマムシが ?

ファイル 23-1.jpgファイル 23-2.jpg

これまで那岐山にマムシが居る話は聞いたことがなく、安心して登山していたが頂上から三角点ピーク方向へ下山時に、ピークから数メートル下った所に蛇が、この辺りは急傾斜の場所なので見下ろして蛇が見られたが。上る時だったら、どうなった事か。 ?
那岐山は数多くの登山者が登って居られることと思います、注意して登って下さい。
今日は登山口の蛇淵駐車場は平日なのに満車でした、道端の広場に駐車して登りました。

野山を歩いて山菜採り

ファイル 21-1.jpgファイル 21-2.jpgファイル 21-3.jpg

昨年は道なき道を歩いて近くの山を探検している時に「ゼンマイ」、「ワラビ」と出会ったのでその場所へ行った。
快晴に恵まれ、春山の静かな山道をのんびりと歩く、ゼンマイは穂が出たものが多かったが、ワラビは寒かったせいか昨年に比べて痩せている。それでも多くの収穫を得る。

右上写真:大きくなったゼンマイ

元旦に城山へ

ファイル 18-1.jpgファイル 18-2.jpg

平成16年から毎年、元旦は近くの城山に登っている、昨年は大雪のせいか登る気力がなく城山登山は中止した、今年は、昨年12月の中頃の寒波による雪で山には相当の積雪があった。
歳のせいか気が進まないが毎年登ることにしており、今年1年は山登りを続けたいので体力維持のため頑張る。
午後1時過ぎに自宅を出発し登山口から頂上までは50分だ、途中で休憩したので遅くなったと思ったが21年・22年は45分だったので5分の遅れ、それほどでもない。
今年も頑張らなければ、でも昨年12月から今日(2月12日)まで城山以外は何処にも行ってなく家でぶらぶらの生活だ。

写真は頂上 左は22年元旦 右は今年元旦

【エドックス】新作「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」を発表。

【エドックス】新作「スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック」を発表。

ロレックス コピー歴史的なミリタリーウォッチコレクションを高性能な1000m防水とスタイリッシュなデザインで再解釈。

スーパーコピー n級 代引き

エドックスは、スイス軍の依頼を受け極秘で制作したミリタリーウオッチの復刻コレクション「スカイダイバー」から、『スカイダイバー ネプチュニアン オートマティック』を発表する。精鋭パラシュート部隊のために製造した1973年のアーカイブピースを、プロ仕様の高性能な造りとスタイリッシュなデザインで現代風に再解釈した新作ウォッチ。2021年11月より全国の販売代理店にて販売開始する。

モデルネームの由来となる「ネプチューン」はローマ神話における海の神であり、ギリシャ神話では「ポセイドン」と呼ばれている。オリンポスの12神の中でもっとも気まぐれで怒りっぽい神であった「ポセイドン(=ネプチューン)」は海を支配する強力な力を持っていた。古代の人々は船旅に出る前に安全な船路をこの海神に請い願ったと言いう。気が変わると突然その微笑みが怒りへと転じてしまう、海の恐ろしさは近代になっても変わらない。

時計製造で一世紀を超えるエドックスは、高度な技術を注ぎ込むエクストリームな開発により、世界初の特許を取得した防水機構を発表するなど防水時計の発展に貢献し、海を舞台に活躍する人々を支えてきたという歴史がある。『ネプチュニアン』というモデル名は、エドックスのタフネスを追求する時計づくりを象徴するものであり、困難や逆境に逃げずに立ち向かう人々へのオマージュとして名付けている。

性能面では、スカイダイバーコレクションでは初となる、今回のコンセプトにふさわしい高性能な飽和潜水1000m防水を備え、セラミックベゼルと3mmの厚みがあるサファイアクリスタルガラスが時計の表面を保護。ムーブメントは、高精度なスイス製のEDOXキャリバー80を搭載した。現代風のアレンジとして、スマートな印象を与えるバータイプのインデックスを採用し、スーパールミノバ「X1」を塗布することにより水中など暗所での判読性を確保している。また、ケースバックには、海の神ネプチューンのモチーフを刻印した。

ダイアルのバリエーションはブルーグラデーションとダークブラックの2種類、ブレスレットはステンレススティールブレスレットとラバーストラップの2種類を用意。ダークブラック×ラバーストラップの組み合わせには、ピンクゴールドPVDを施したステンレススティールケースのタイプも揃え、合計5種類をラインアップしている。

スーパーコピー n級 代引き

SKYDIVER NEPTUNIAN AUTOMATIC

Ref
80120 3NM BUIDN
ムーブメント
自動巻き EDOX キャリバー 80
28,800振動、 38 時間パワーリザーブ、 26 石
ケース
316L ステンレススティール
44.0mm径 、 15.6mm 厚
海の神ネプチューンのモチーフを施したケースバック
ねじ込み式リューズ、オートヘリウムへスケープバルブ
ベゼル
逆回転防止セラミックベゼル
風防
サファイアクリスタル
防水
1000m/100 気圧
ダイアル
スーパールミノバを塗布したインデックス
3時位置に日付表示
ストラップ
ステンレススティールブレスレット
エクステンション付きフォールディングバックル
本体価格(税込)
209,000 円
発売
2021年11月

ABOUT SKYDIVER

エドックスの工場書物庫から、あるデザイン画が発見されました。数十年前に生産されたものの、長い間公にされることの無かった時計「スカイダイバー」のスケッチです。このアーカイブピースのデザイン画には「1973年/特別限定生産」という文字のみ添えられており、それ以上の情報は無く謎に包まれていました。かつてエドックスに勤めていた職人により、この時計の生まれた背景が少しずつ明らかになりました。この「スカイダイバー」は、あるスイス軍の大佐が極秘で依頼した軍用ウォッチだと言います。大佐は、彼の部下である精鋭パラシュート部隊隊員に贈るための特別な時計を求めていました。彼は極秘で制作することを条件に、並外れた防水性能を持ち「陸、海、空」いかなる過酷な環境でも使用できる堅牢な時計をエドックスでオーダーしたのです。エドックスは、2019年に創業135周年を迎えたことを記念し「スカイダイバー」を復刻コレクションとして発表しました。

ABOUT EDOX

優秀な時計職人クリスチャン・リュフリ=フルーリーが、妻の25歳の誕生日を祝うため自身でデザインして作った懐中時計。この贈り物の美しさに感動した妻から、時計ブランドを立ち上げることを奨められ、1884年にスイスのビールビエンヌでエドックスを創業します。ブランド名は「時間」を意味する古代ギリシャ語に由来、ブランドコピー 代引きエンブレムである砂時計のマークは「不朽」を象徴しています。創業当時から追求に追求を重ねる時計製造で、高い技術力により世界初の特許を取得した防水機構など、優れた機能や性能を備える時計を世に送り出してきました。

■問い合わせ
株式会社GMインターナショナル
TEL:03-5828-9080

【OMEGA】「オメガブティック並木通り」6月10日(木)リニューアルオープン。

オメガスーパーコピー】「オメガブティック並木通り」6月10日(木)リニューアルオープン。

銀座、並木通りに佇む風格あるブティックがリニューアルオープン

スーパーコピー n級 代引き

2021年6月10日(木) 、銀座6丁目の並木通り沿いにある「オメガ ブティック 並木通り 」がリニューアルオープンした。

コンステレーションのウォールクロックが印象的で、道行く人を店内へと導く。ブティックに一歩足を踏み入れると、ショーケースや壁面にコレクションごとにディスプレイされたオメガを代表するタイムピースがお客様を出迎え、買いものを楽しむことができる空間が広がる。今回のリニューアルで売場面積は約1.2倍の広さとなり、最新モデルから定番、そしてアイウェアまで、より充実したラインナップとなった。

ブティックデザインは、白い大理石のフロアや、やわらかみのあるゼブラウッドの什器、天井から吊るされたゴールドのペンダントランプ、そしてブランドカラーである赤いカーペットを随所に配した最新のデザインコンセプトを採用し、スタイリッシュでありながらラグジュアリーなオメガの世界観にあふれている。また、店内奥には、新しくソファースペースが設けられ、ゆったりと心地よい空間は銀座の並木通りに佇む風格あるブティックならではのひと時を楽しむことができる。

ショップデータ

店名
オメガ ブティック 並木通り
オープン日
2021年6月10日(木)
所在地
〒 104 0061 東京都中央区銀座 6-7-16
総面積
約 62.7 ㎡
電話番号
03-3572-2212
取扱商品
ウォッチ 、 アイウェア
営業時間
月~土:午前11時~午後19時半
日・祝:午前10時~午後18時半
定休日
木曜日

■お問い合わせ先
オメガお客様センター TEL. 03-5952-4400